menuMENU

【女性専門】 喪失感・気分の変調・心のケア|電話カウンセリング・電話相談 ・全国

聞いて欲しい、気持ちの整理がしたい時のお話相手です。お喋り感覚で気軽にお電話下さいネ

悩み相談室でも、心のバランスを整えるのはゆりかご相談室!

【喪失感でツライという方は私にお電話下さい】

ゆりかご相談室では、大切な人と別れたり、伴侶や家族を失った悲しみ、ペットロスのためにツライ方の癒し、話し相手もしています。

・伴侶や家族が病気になってしまった
・伴侶や家族が死んでしまった
・失恋
・ペットロス
・何も手につかない
・どうしていいか分からない
・孤独と不安
・ぽかっと胸に穴が空いた空虚な感じ
・時間を戻したくても出来ない現実が苦しい
・別れたり、失った事ばかり考えてしまいツライ

今ツライ、今もツライ方は私と話をして、癒されながら前を向いていきましょう、喪失感はうつ病の入口です、放っておいてはいけません。

心のバランスがくずれるって?

人との摩擦がストレスとして重なっていくとトラブルやストレスという岩に当たらないように心の船は一生懸命に、かじ取りをしますが、ストレスやトラブルが多過ぎると、波が高くてかじ取りができなくなってしまいます。

これが心のバランスを崩した時であり、今までさんざんかじ取りをして心の船を転覆させないようにがんばった心は、すでに疲れ果てていますから、まず休ませてから、次は水や栄養を与える事が必要です。

水や栄養を与えつつ、休ませるのがゆりかご相談室の対話ですから、愚痴が言いたくなったり、ストレスが溜まったと感じたら絶対に我慢をしないでいらっしゃって下さい。

ガマンするのは自分をいじめているのと同じです。心に付いた傷を放って大きくしないでね。

メンタルヘルス=心の健康

ストレスや心配事が自分で処理できなくなると、聞いて欲しい、話したいと自分で思うようになります。この時、あなたの心の信号は赤になりかけていますから、ゆりかご相談室でお話して下さいね。

「カウンセリングしたいんですけど」と言う方がいますが、話しを伺うと、相談したいという意味で使っているようですね。

でも、カウンセリングは治療だから、あなたは相談したいんですよね?

心の病気のとらえ方


病気の種類によって、いろいろな症状が引き起こされ、これに呼応した対応方法があるのではなく、ストレスに耐えられなくなった時に、人によっては様々な症状が現れると考えています。

そして、心には法則性が存在せず、常に流動的なのだから、
ゆりかご相談室に対応マニュアルは存在しません。

ここではストレスが、あなたをどのように取り巻いているかに重点を置いていますから、
病名という分類で看ていないのです。

心の病気のはじまりは、ストレスを自分の中にとどめておけなくなって
愚痴を言いたくなった時から始まっています。

愚痴をはなせる人や場所が、あなたにあれば病気を遠ざける事ができ、
逆に精神的に一人というのが一番いけない環境。

だからとことん話せてじっくり聴くゆりかご相談室があるのです。